家入レオ – 「Prime Numbers」

歌詞

つくり笑いだけ うまくなってく
わたし自身はまだ騙せないまま

明日なんか いつも信じてない
朝が降りる その瞬間まで

「悲しい」なんてコトバで 語れるくらいなら
いっそ楽になれる 軽くなれる 君から目を背けたりはしない
「苦しい」なんて素直に 言えたとしたら 涙をこぼせたなら
Ah 割りきれない自分だって ありのまま愛することができるのに

嫌いな人に好きと言う そんなくらいじゃ傷つかない
大好きな君にだけ 好きと言えなくて

わたしだけが知ってるやさしさを
ほかの人に触れさせないでね

「会いたい」なんて感情 教えてくれたこと
ちょっと恨んでいる 悔やんでいる 出会う前のわたしはもういない
「会えない」なんて状況 あたえられても 会いたさが募るだけ
Ah やりきれない想い抱いて 不確かな季節を越える 虹になる

「サヨナラ」言えるだけ 出会えた意味はある
そう胸に刻んだ

結ばれるはずじゃない 素数のようなふたりが
Ah めぐり逢えた それは偶然 だけどいま感じてるのは必然
「悲しい」なんてコトバで 語れるくらいなら
Ah 割りきれない自分だって ありのまま愛することができるのに