欅坂46 『波打ち際を走らないか?』

歌詞

波打ち際 走らないか?
誰も (誰も) いない (いない) 秋の砂浜で
水しぶきは今でも
僕たちの恋のように跳ねてるよ We never stop

いくつ目かの台風 (台風)
発生を伝えるニュースショー (ニュースショー)
日焼けの跡が色褪せて行く頃に
LINEの数も少なくなった

誰かのこと好きになるとどうしてだろう?
変わって行く季節に敏感になるんだ

波打ち際 走らないか?
海の (海の) 水は (水は) もう冷たいけど
寄せる波と思いは
あの夏と変わらぬまま永遠に We never stop

買って来なきゃカモミール (カモミール)
借りっぱなしだったアーウィン・ショー (アーウィン・ショー)
あんないっぱいキスした二人なのに
会えないくらい忙しいの?

恋はいつも始まる時 一番楽しくて
当たり前になる頃 ピンチを迎える

波打ち際 立ち止まるな
記憶 (記憶) だけが (だけが) かき消されて行く
砂の上の足跡
この胸の愛はずっとどこまでも We never stop

あの日に帰ろう
ドキドキしよう
忘れかけたときめき
走れば思い出す

波打ち際 走らないか?
誰もいない秋の砂浜で
水しぶきは今でも
僕たちの恋のように跳ねてるよ We never stop